北海道札幌市の不用品回収・買取はおまかせネコの手にご相談ください

ホーム » スタッフブログ » ダイヤモンドの価値を決める要素『4C』とは?
a

スタッフブログ

ダイヤモンドの価値を決める要素『4C』とは?

みなさんこんにちは!ネコの手スタッフ松澤です。

昨今では、コロナショックや品質の良い合成ダイヤモンドによって、天然ダイヤモンドの需要が下がってきています。

買ったときは高かったのに、売ろうと思ったらすごく安いお値段を提示された方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ダイヤモンドの価値を決める一般的な要素についてご紹介します。

ダイヤモンドの価値

ダイヤモンド

ダイヤモンドの価値は、『4C』で決まります。
4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する4つの基準のことです。

  • Carat(カラット)
  • Clarity(クラリティ)
  • Color(カラー)
  • Cut(カット)

専門家がこの4Cを基準にダイヤモンドの価値を厳密に定めます。
一般的に4Cの値が高いものほど、希少性・価値が高いとされています。


Carat(カラット)

ダイヤモンドカラット

「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことがあると思います。

カラットは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。
1カラット=0.2グラムで、重くなればなるほど希少価値が高くなります。

また、大粒のダイヤモンド原石はとても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。


Clarity(クラリティ)

ダイヤモンド内包物

クラリティは、「透明度」を表す基準です。
キズ・欠け・内包物(インクルージョン)の大きさ・場所などを鑑定して評価が決まります。

含有物が多いと透明度が下がり、その分輝きを損なってしまいます。
よって、透明度が高いほど評価も高くなります。


Color(カラー)

ダイヤモンドカラー

ダイヤモンドは無色透明ではなく、わずかに色がついているものがほとんどです。

無色透明に近いものほど評価が高くなり、黄色になればなるほど希少性が下がります。

しかし、ある一程の黄色味を超えると『ファンシーカラー』という他の基準で評価されます。
ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。


Cut(カット)

ダイヤモンドカット

ダイヤモンドは、ただ格好良くカットすればいいわけではありません。
ダイヤモンドの輝きを最大限に活かせるカットをしなければ、輝きを存分に発揮することはできないのです。

カット・クラリティ・カラーはダイヤモンドが生まれつき持つものです。
それに対してカットは人の手で加えられる要素となります。

ダイヤモンドは職人の技によってそのポテンシャルが引き出されるのです。

貴金属の査定ならおまかせネコの手まで!

ネコの手では、専門的な知識と確かな目を持った査定員たちがしっかりと査定いたします。
さらには、大切なお品物に新たな価値を与えることができます。

鑑定書をお持ちの場合は、合わせて拝見させていただけますとより正確な評価が可能になります。

もちろん、ダイヤモンド以外のジュエリーやブランド物もしっかりと査定させていただきます。

意外なものにお値段が付くのが、リサイクル品の面白いところです。
過去の買取り事例も参考にしてください。

不用品回収買取例集 一覧はこちら

昔使っていたけど今は使ってない物などあれば、処分する前にご連絡下さい。
ご自身でリサイクルショップに持ち込むのは困難な物もこちらから伺わせていただき、その場で査定可能ですので、ご連絡お待ちしております!

札幌の不用品買取おまかせネコの手/お問い合わせはコチラから

対応エリア

areaMap

札幌市・北広島・恵庭市・江別市・小樽市

当日のお伺い可能エリア

札幌市豊平区・札幌市白石区・札幌市厚別区・札幌市清田区・札幌市東区・札幌市西区・札幌市南区・札幌市北区・札幌市中央区・札幌市手稲区

※千歳市・石狩市・栗山町・新篠津村・当別町・苫小牧市・南幌町・長沼町・余市町・仁木町・古平町・由仁町など上記以外の地域も対応致します。お気軽にご相談下さい。